蓄電池ってなに?

蓄電池とは、充電を行うことにより何度も繰り返し利用できる電池のことです。二次電池や、充電池と呼ぶこともあります。仕組みとしては電極にある金属の酸化還元反応を利用して電位を発生させます。

例でいうと高校生の時に化学で習う鉛蓄電池があります。鉛蓄電池は正極に二酸化鉛、負極には鉛を、そして電解質には希硫酸を使用しています。放電の際には負極で電子が発生する化学反応がおこり、逆に正極では電子を必要とする化学反応が起こります。そのため電流ができて電気を得ることができます。

逆に充電の際には負極、正極の両方で硫酸鉛になっていた物質が再び鉛と硫酸鉛に戻る化学反応が起きるため再び放電できる状態になります。蓄電池の種類には他にもリチウムイオン二次電池やニッケル・水素蓄電池、ニッケル・カドミウム蓄電池など電極により様々な種類があります。また電極以外にも構造で液循環型や高音動作型などの構造の蓄電池や、非水系電解質や高分子固体電解質といった電解質を使用する蓄電池も存在します。

注目されている「蓄電池」と「ソーラーパネル」

蓄電池を太陽光発電と併用している世帯は、高い割合で存在しているのではないかと考えられています。ソーラーパネルから作られた電力を備蓄しておく機材として設置されていると考えられており、双方の機材の相乗効果が見込まれるのではないかと思います。

こうした形式で蓄電池が取り付けられている家の数は、かつてよりも多くなりつつあると考えられており、太陽光発電との併用も本格的に検討されていると認識されています。蓄電池の仕組みによっては、太陽光発電との連携が密であることも想定されています。そのため、効率的に太陽光発電のシステムで作った電力を貯めておくことのできる環境が作られることにも直結しています。

今後も太陽光の発電に関するシステムと、蓄電池の併用が進行していくのではないかと見込まれています。それぞれの機材が同時に取り付けられることも強く想定できるとみられ、その点への関心や興味が強くなるのではないかと予測されています。

増えています!エコを考えた家

蓄電池の設備は、スマートハウスにおいて取り入れられるケースが増加しつつあるのではないでしょうか。スマートハウスでは、電力を柔軟にやりくりすることができるという特徴があり、蓄電池に貯まった電力を活用できるのではないかと認識されています。

太陽光の発電システムとセットであることも多くなり始めているため、電力の自給自足を実現させるための機材としても注目を集めていると言えるのではないでしょうか。スマートハウスの多くで、こうした蓄電池を設置していると考えられていることから、かつてに比べてこの電池の存在が普及することにも繋がっているのではないかと思います。

新たに建築されるスマートハウスには、標準的に蓄電池が備え付けられているとも考えられており、普及が進行しているとみられています。今後もスマートハウスには、普遍的にこのような蓄電池が設置されるとみられていることから、活用が進むのではないかと推測されています。